破産の手続きまでは訴訟行為などといった要請は許可されています。とくに破産に関する書類手続きに進んで以降、余計な時間がかかるときには債権人に訴えられる危険が上昇します。債権保持人側からすると債権の支払いもしないまま自己破産のような正式な手続きもなされないといった状況だと会社内での完了処理を遂行することができないからです。つまるところ訴訟が終わってどのような裁定が下されるにせよ破産の申立人に負債を完済する器量はないです。取立人もそういうことは把握していて訴訟といった強引なやり方で思惑通り和解に持ち込み返済させるとか本人の家族や一族に肩代わりさせるということを目的にしている場合もありえます。(補足)平成17年の1月1日に改正がなされた破産法においては自己破産手続きをした後は差し押さえなどの法の手続きに関しては実効性をなくすことになったのです。ですから、前の破産法のケースと異なって訴訟などということをしても無駄になると予想されるから提訴をやる取り立て企業は大体いなくなると思われます。そういう意味でも、西暦2005年1月1日の改正以降、破産制度は過去よりも申し込みやすくなったといえます。督促のケースにおいて支払督促と呼ばれているのは、司法が債務人に対して返済をすべしという要求です。一般の審議をするときと異なり債権者の一方的な意見を聞きながら進められるため通常の法廷のように時間と代金が大きくならないので業者がよく使う手段です。支払督促の申請がなされると裁判所発送の手紙が来ることとなりその通知が送られてきてから14日間が経過した場合、業者は負債者の資金(給与債権も入れて)に関し差押えが可能になってしまいます。支払督促に抗して異議申請をなすことができれば、オーソドックスな審理に変化することになると思います。(補注)普通な争いは長時間がかかりますから免責判定までには裁決が知れない可能性が高くなることは知っておきましょう。